Omas Garten Hamburg/Tokyo Since2017

menu

News / Blog

ヴィンテージ食器でモダンな和風コーディネート

2020.03.05Blog

日の当たるところでは桜も少しずつ開花しているハンブルク。

朝晩はまだまだ寒いですが、春めいて気分が変わります。

昨日のお雛様では、ドイツにいながら和風コーディネートに挑戦しました。

日本食材も限られ、技術もなしなのでブログにするにはお恥ずかしいですが…

お雛様ランチで娘たちとお祝いをしました。簡単な巻きずしとお赤飯。

ポイントは、お箸置きにしているベネチアングラスのキャンディ。

和風過ぎないコーディネートにぴったりで重宝しています。

お吸い物が入っていたのは、北欧アラビア社とデンマークスーホルムのシュガーポット。

シュガーポットはあまり普段、出番がないのですが、

小鉢として我が家では重宝しており、スープや副菜を良く入れて使っています。

そして上の器。実は日本製の商品を、ドイツの蚤の市で見かけたもの。

和風の食器には詳しくないのですが、絵付けからするとそんなに高価なものではなさそうでしたが、可愛い色合い。

洋食器にまみれて日本製の華奢な小皿があるとついつい、、

不憫に思い連れて帰ってきてしまいました。

後ろは日本製と刻印があるのですが、少し古そうな印象です。

和風と北欧ヴィンテージ…なんともかけ離れたように聞こえますが、

土の雰囲気や優しいモチーフは意外とマッチするので不思議です。

BASEショップでは、新しくフランスサルグミンヌの取り扱いが始まり、早くも品薄ですがよろしければご覧くださいませ。お得なクーポンや新商品到着情報もお届けしております。

https://omasgarten.thebase.in/

こちらは100年物、まさにアンティークのサルグミンヌ花リムシリーズです。